臨床検査科

理念

私たちは臨床検査技師を天職として、知識・技術・マナーとも最高のレベルをめざして邁進します。

基本方針

①検体や患者さまの扱いには十分な配慮を行い、患者誤認を起こしません。
②検査は正確かつ迅速に行ないます。
③臨床検査技師として常に向上心をもち、最新の知識や技術で検査を行います。
④病院の一員としての自覚を持ち,他部署とのコミュニケーションを欠かしません。

特色

臨床検査科では、患者さまの体の状態を数字や画像、波形で表し診療に役立てています。

検査は『検体検査部』『一般生理採血部門』『超音波部門』に分かれて業務を行っています。

超音波部門では、心臓・腹部のエコー検査をはじめ血管や乳腺のエコー検査も実施しています。循環器内科との連携でホルター心電図の解析やストレステストの検査も行っています。

一般採血部門では、患者さまとのコミュニケーションを大切にスムーズな採血を心がけています。神経内科からの脳波検査や手足の痺れについての検査にも取り組んでいます。

検体検査部門では、生化学、血液学、輸血部門とに分かれて正確で迅速な検査の実施に日々努力しています。血液内科との連携で骨髄検査、骨髄移植等の検査にも協力しています。

臨床検査科医師

岡本 康幸(顧問)
・日本臨床検査医学会 臨床検査専門医
・情報処理技術者