医療安全管理室

高の原中央病院では「『真に求められる医療』をめざし地域の皆様に貢献します」の病院理念に基づき、医療安全活動を推進しています。医療従事者各人の取り組みを基本に、「人はエラーを犯すもの」と言う観点に立ち、病院としてシステム化した安全管理体制をめざしています。

医療安全管理室は、その活動の中心となり、各部署のセクションマネージャーと協働し、「医療の安全確保」を固持して、日々邁進しています。

患者さま・ご家族のみなさまへ

医療事故防止は、患者さま・ご家族さんのご協力が必要です。
医療安全対策にみなさまのご参加をいただけるよう、医療事故防止の理解に努めて参ります。
現在は下記のような活動を行っています。

お名前の間違いを防止するために

お名前確認をさせていただきます。
医療者が患者さまの「お名前」をお尋ねしますので「姓と名」で名乗ってください。
ご家族のみなさまもご確認をお願いします。
外来診療時には、診察券のご提示をお願いします。
入院時には『患者認識バンド』のご着用をお願いします。
(お名前確認の際は『患者認識バンド』で確認します)

安全に手術を受けていただくために

手術部位に左右がある場合、手術部位の近くに目印をつけ、手術部位の間違いを防止しています。
医師・看護師がご説明し手術前に行いますのでご協力おねがいします。
また、手術室内では、誤認手術を防止するために執刀前にタイムアウト(関わる医療者が集まり、氏名・病名・術式・手術部位を確認)を行っています。
実施する際には、一緒にご確認ねがいます。

転倒・転落の事故を防止するために

入院中は、生活環境や病状の変化に伴い転倒・転落しやすくなることがあります。
高齢の方はとくに注意が必要です。
入院時には、転倒・転落の危険度を確認し、対策についてご説明します。
内容のご確認と取り組みへのご協力をお願いします。
ご心配やお気づきになったことがございましたら、ご遠慮なく看護師や担当医にご相談ください。