平成30年1月13日 『健康寿命をのばしましょう。』 | 奈良市北部の総合病院 高の原中央病院

健康教室のごあんない

2018.01.17

平成30年1月13日 『健康寿命をのばしましょう。』

健康寿命とは、介護など必要とせず健康でいられる期間のことです。平均寿命と健康寿命の差は、男性で9歳、女性で12歳もあります。単に長寿であるだけでなく、いかに健康で過ごすことのできる期間を長く保つかが大切です。
健康寿命を延ばすポイント
 1.血管年齢‥‥血管を若く保ち動脈硬化を防ぐ。
 2.骨年齢…‥適正体重を保ち、運動習慣をつけ、骨に必要な栄養素を摂る。
 3.腸年齢‥‥腸内を善玉菌優勢に保つ。
 この3つの年齢を若く保つための食生活のお話をしました。

元旦に患者様に提供されたお節料理を味わって頂きました。

参加された方の「あけましておめでとうございます」という声があちらこちらで聞かれました。
みなさま顔見知りの方も多く、この教室で友達になった方もおられ、いつもアットホームな雰囲気です。
本日は、お節料理を味わって頂きました。
「こんな手間な料理を作っていただいてありがとう」「美しく盛り付けられて感激しました」
「心づかいに感謝します」「料理の腕がますます上がっていますね」
など、うれしいご意見をたくさんうかがえました。
めだたない調理場で働いている調理師のこともいつも気づかって頂き、ありがたく思います。
今年も、がんばろう!と元気を頂きました。