整形外科

診療内容・対象疾患

一般整形外科・救急外傷・各種関節疾患・脊椎疾患・慢性関節リウマチ・痛風等、広く運動器疾患の診療を行っております。とくに、急性疾患として各種運動器の骨折、関節靭帯損傷、慢性疾患として膝・股関節外科を中心に取り組んでいます。

特色

骨折の手術適応症例では、強固な内固定、短期の外固定を基本方針として早期に良好な関節可動域獲得に努めています。
高齢者の大腿骨頚部骨折症の例では、認知症発生防止・ねたきり防止のため、準緊急手術と位置づけ、可及的早期の手術実施を心がけています。
関節外科では、人工膝・股関節置換術、高位脛骨々切り術、膝関節鏡視下手術等を行います。
脊椎疾患では、保存的治療(硬膜外ブロック、神経根ブロック、理学・物理療法等)を基本としています。

成績・PR

予約診療制をしております。電話での予約も可能ですので、どうぞご利用ください。
手術後等のリハビリテーションは、理学療法士・作業療法士と密接に連携し、患者さまの早期社会復帰を目指しています。また義肢装具士が毎日専属で待機しており状況に応じた適切な装具治療が可能です。
検査(MRI・骨塩定量・EMG等)のみでもお引き受けいたしますのでご利用ください。
当科は「敷居の高くない整形外科」をめざし、「患者さまとご紹介いただく先生方の満足を常に第一に考える治療」を行いたいと考えております。

整形外科医師

門田 哲也(副院長・部長)
・日本整形外科学会 日本専門医機構認定整形外科専門医
・身体障害者福祉法 四肢不自由指定医
殿山 浩平(部長)
・日本整形外科学会 整形外科専門医
・日本整形外科学会 リウマチ医
・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
・日本骨折治療学会
・身体障害者福祉法 四肢不自由指定医
石本 佳之(副部長)
・日本整形外科学会 整形外科専門医
・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
・日本人工関節学会
・日本骨折治療学会
・中部日本整形外科災害外科学会
・関西関節鏡・膝研究会
大川 隆太郎(医長)
・日本整形外科学会 整形外科専門医
・日本骨折治療学会
久貝 充生(非常勤)
吉良 務 (非常勤)
長嶋 光幸(非常勤)
岡本 公一(非常勤)

整形外科 外来診療医予定表ページへ