人工関節専門外来

【診療時間】

診療日 水曜日(完全予約制)
診療時間 14:00~16:00

診療内容

日本は世界でも屈指の長寿国であり、平均寿命が延びれば延びるほど膝や股関節などの痛みに悩まされる期間が長くなります。加齢による関節痛の主な原因疾患は変形性関節症で、変形性関節症とは長年の使用により関節の軟骨が徐々にすり減ることで滑らかな動きが障害されて、痛みや変形が出る状態のことです。

初期の関節症は投薬や注射、サポーターや足底板などの装具、リハビリテーションなどで痛みをコントロールできますが、変形が進行しますとそれらの保存的治療では効果が得られず、骨切り術や人工関節置換術などの外科的治療が必要になります。

人工関節置換術とは、痛みの原因となっている関節の表面を取り除いて金属やポリエチレンなどの人工のものに置き換えることにより、痛みのない生活を取り戻す手術です。

人工関節専門外来では関節痛でお悩みの方はもちろんのこと、変形性関節症と診断されて保存的治療をしてもらっているものの効果が得られない方、人工関節置換術を勧められたものの手術をした方がいいのかどうか悩んでおられる方を対象に診察させていただきます。

人工関節外来 医師

石本 佳之(副部長)
・日本整形外科学会 整形外科専門医
・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
・日本人工関節学会
・日本骨折治療学会
・中部日本整形外科災害外科学会
・関西関節鏡・膝研究会