リウマチ・膠原病専門外来

診療日 毎週 火曜日・水曜日(原則として予約制)
診療時間 8:30~15:00

診療内容

関節リウマチは、全身の免疫異常を基礎として関節の滑膜という部位に炎症が起こる疾患です。炎症がある関節は腫れて痛みを伴うようになります。この状態が続くと軟骨や骨が破壊され、関節が変形し、生活に支障をきたすようになります。発症には遺伝的要因と喫煙などの環境要因、歯周病などが関連しているとされていますが、詳細はまだわかっていません。
特徴的な症状は手の指、手首、足の指、肘、膝などの関節の腫れやこわばりです。左右両側にあらわれるのが特徴的ですが、そうでない場合もあります。身体のだるさ、微熱、体重減少など関節以外の症状を伴う場合もあります。
治療は炎症を抑えるための薬物治療が中心となります。経口薬(メトトレキサート、プログラフ、アザルフィジン、リマチルなど)が主に使用されますが、これらで症状のコントロールが難しい場合、生物学的製剤と総称される注射・点滴薬が有効です。当院ではレミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニーなどの生物学的製剤を使用可能で、積極的に治療を行っています。また新規の経口抗リウマチ薬(ゼルヤンツ)も使用可能です。
関節の痛み、動かしづらさなどでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

リウマチ・膠原病外来 医師

藤村 貴則
・日本リウマチ学会 専門医・指導医・評議員
・日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
・日本医師会 認定産業医
・身体障害者福祉法 四肢不自由指定医