一般診療科

診療科名 概要
内科・消化器内科 消化器疾患を中心として他に糖尿病等、代謝、内分泌疾患も診療しています。
呼吸器内科 市中肺炎などの肺感染症、間質性肺炎などのびまん性肺疾患、喘息などの外来診療が主となります。
神経内科 脳・脊髄・末梢神経(自律神経、運動・知覚神経)・筋肉・神経筋接合部などの異常によって生じる諸症状を取り扱っています。
循環器内科 心臓と血管に関する病気を専門とし、主な対象疾患は狭心症、心筋梗塞に代表される虚血性心疾患や心筋症、心臓弁膜症、心内膜炎、不整脈、閉塞性動脈硬化症などです。
血液内科 血液疾患全般の診療を行っています。特に白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液悪性腫瘍は一人ひとりの病状に適した方法で化学療法、造血幹細胞移植を組み合わせた治療を行っています。
外科 乳腺、胃、肝臓、胆嚢・胆管系、膵臓、脾臓、大腸肛門(小腸・大腸癌、潰瘍性大腸炎、クローン病他)、ヘルニアなどの良性・悪性疾患の検査・診断治療が専門です。
心臓血管外科 心臓血管外科では“確実で、安心で、満足する”医療を提供します。
脳神経外科 急性期から慢性期の診断、及びアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症の鑑別診断もMRI・MRAを使って実施しています。
整形外科 一般整形外科・救急外傷・各種関節疾患・脊椎疾患・慢性関節リウマチ・痛風等、広く運動器疾患の診療を行っております。
形成外科 おもに皮膚、皮下組織に関する疾患を扱っています。
泌尿器科 男性生殖器、ホルモンを分泌する副腎などを対象とし、尿路臓器、男性生殖器の悪性腫瘍、前立腺癌の診断、治療に力を入れています。
産婦人科 一般婦人科疾患の他に、特に婦人科良性疾患に対して 内視鏡下手術 を積極的に行っています。
麻酔科 麻酔科医師は手術前診察により患者さまの全身状態を把握し、手術可能な状態、術後合併症を起こさない状態に患者さまの全身状態をコントロールします。
放射線科 各種画像診断(MRI、CT、消化管撮影など)と画像情報の提供。主にマルチスライスCT、MRIによる画像情報の提供と読影業務を行っています。
耳鼻咽喉科 耳・鼻・咽頭炎などの領域疾患の診察を行っています。
眼科 眼科一般の診療を行っています。