内分泌・糖尿病専門外来

診療日 月曜日・木曜日・金曜日(糖尿病)
水曜日(内分泌・糖尿病)
診療時間 8:30~16:00

診療内容

内分泌疾患はバセドウ病や橋本病といった甲状腺疾患を主に診療しています。その他、下垂体機能低下症などによる副腎皮質機能低下症に対してホルモン補充療法も行っています。末端肥大症や原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫といった内分泌疾患は入院による精密検査により診断を確定する必要があります。その場合、奈良県立医科大学や天理よろづ相談所病院、京都医療センターへ紹介させていただき診断および治療をお願いしています。治療後の経過観察や術後のホルモン補充療法に関しては当院の外来で対応をしています。

糖尿病は患者さまのQOLを重視した治療を心がけています。1型糖尿病の患者さまにはカーボカウントによる強化インスリン療法を指導しています。24時間持続血糖測定やインスリンポンプ治療を希望される患者さまには奈良県立医科大学糖尿病センターに紹介させていただき、安定すれば当院の外来での診療を継続することも可能です。2型糖尿病に対しては食事療法、薬物療法、インスリン治療など幅広く患者さまの病態やライフスタイルに合わせて治療を行っています。65歳以上で血糖降下薬を使用している患者さまに対しては脳卒中予防の観点から(図1)65歳から75歳未満では6.5%、75歳以上では7.0%未満にしないよう推奨されています(図2)。よって65歳以上の患者さまに対しては低血糖を生じさせないことを最優先とした治療を心がけています。


図1
図1
Geriatr Gerontol Int 2012; 12 (Suppl. 1): 18–28


図2
図2
日本老年医学会ホームページより

内分泌・糖尿病外来 医師

増谷 剛(奈良県立医科大学糖尿病学講座 消化器・内分泌代謝内科)
・日本脳神経外科学会 専門医
・日本内科学会 認定内科医
・日本内科学会 総合内科専門医
・日本糖尿病学会 専門医、研修指導医
・日本内分泌学会 内分泌代謝科(内科)専門医
・日本肝臓学会

糖尿病外来 医師

西村 健志(医長)
・日本内科学会 認定内科医
・日本糖尿病学会 専門医
・日本内分泌学会 内分泌代謝科(内科)専門医
・日本外科学会 外科専門医
・日本透析医学会
・日本腎臓学会


紙谷 史夏(非常勤)