リハビリテーション科

理念

身体に障害を持ち、通常の社会生活を営むことが困難な人々に対して、医学的・教育的・社会的な支援を通して、より健康で活動的なQOL(生活の質)の向上へ貢献します。

特色

超急性期から早期在宅復帰をサポートし、地域医療に貢献します

【施設基準】
心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ
脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
廃用症候群リハビリテーション料Ⅰ
運動器疾患リハビリテーション料Ⅰ
呼吸器疾患リハビリテーション料Ⅰ
がん患者リハビリテーション
摂食機能療法
歩行運動処置(ロボットスーツによるもの)
・リハビリテーションは個別対応とし、予約制で行っています。


練習用階段・下肢装具 練習用浴室・浴槽(移動式) 練習用和室

<心臓リハビリテーション>

2013年10月より;心臓血管外科、手術適応患者対応

2017年4月より;外来対応

リハビリルーム1

<LSVT® BIG&LOUD>Lee Silverman Voice Treatment

2015年6月より;パーキンソン病へ対応

https://www.lsvtglobal.com/

<歩行運動処置>

ロボットスーツによるもの;HAL®

2017年9月より;難病8疾患

 

riha01

教育(人財育成)理念

目標管理制度(クリニカルラダー)を採用し、キャリアアップをサポートします。

リハビリテーション科 2019年度実績


►年間症例数

年間延べ患者数:約6万4千人

1日の延べ患者数:約175名

►担当症例数(スタッフ1名)

1日平均:6~7名(17.8単位)

►部署内勉強会 約33回

(リハビリプログラム、症例検討、伝達講習、ラダー研修・・・等)

2019年度疾患割合

疾患別リハビリテーション件数

疾患別リハビリテーション単位数

リハビリテーション件数

リハビリテーション単位数

教育研修(過去5年実績)



【認定資格】

心臓リハビリ運動指導士

呼吸療法認定士

二次救命処置受講認定

介護支援専門員

福祉住環境コーディネーター

2級福祉用具プランナー

臨床実習指導者講習会

【実習受入 実績】

畿央大学、関西学研医療福祉学院、奈良リハビリテーション専門学校、奈良学園大学、関西福祉科学大学、京都医健専門学校他

【参加学会・研修会(過去3年実績)】

日本理学療法士学術大会

日本作業療法士学術大会

日本言語聴覚士学術大会

日本摂食嚥下リハビリテーション学会

リハケア合同学術大会

日本医療マネジメント学会

日本心臓リハビリテーション学会

日本呼吸ケアリハビリテーション学会

回復期リハビリテーション病棟全職種研修

日本リハビリテーション工学学会

日本義肢装具学会等学会

【リハビリテーション科内研修(過去3年実績)】

各種学会参加報告、組織人研修、院内研修実施実績、FIM講習会、嚥下勉強会、リーダー塾等

【部署内勉強会 年間平均約33回】

ロボットスーツHAL®

平成29年9月より、CYBERDYNE株式会社のHAL®医療用下肢タイプを導入しました。
ロボットスーツHAL®についての詳細は以下のご案内をご確認ください。
【ロボットスーツHAL®のご案内】

求人情報