看護部概要

看護部長あいさつ

看護部長
高の原は、学研都市の先導的エリアで、研究施設や文化施設が多く集まっています。また、大阪や京都への利便性も高く、生駒山系と木津川に挟まれた豊かな自然もあります。当院はその高の原駅の近くに位置し、急性期病棟199床(高度治療室8床含む)、回復リハビリテーション50床を有する急性期病院です。当院の理念にある、『真に求められる医療』を提供するために、地域医療支援病院としての役割を担い、救急患者の積極的に受入れています。また、私達看護部は『こころに寄り添った看護』を実践するために、一人一人のスタッフの知識や技術の向上を目指し、医療安全に対する啓蒙活動に日々取り組んでいます。本年度は新人看護師を10名迎え、看護体制も一段とパワーアップしています。
「出会えて良かった、高の原で良かった」と思って頂けるような病院を目指し、看護職員一丸となり取り組んでいきたいと考えております。

看護部長    林田 和美江

理念・基本方針

【理念】

「こころ」に寄り添う看護を実践します
【基本方針】
1. 看護の専門職として、倫理観に基づいた自律的な行動を身につける。
2. 看護職一人ひとりが、根拠に基づいた安全で質の高い看護を提供する。
3. 患者・家族を中心としたチーム医療を行う。
4. 個人のキャリア開発、組織の継続的発展に努める。

 

2020年度 看護部目標

1.医療機能の強化と質の高い看護の提供

  1)医療安全対策の徹底と評価を実施する
  2)感染対策の徹底と評価を実施する
  3)人材育成と自己啓発を推進する
  4)病院機能評価受審に向け取り組む
2.働き方改革を意識した職場環境づくり
  1)看護職員の自己効力感の向上を目指した業務改善を行う
  2)超過勤務の減少を図る
  3)人材確保と離職率の低下に取り組む
  4)多職種との連携強化と業務内容の効率化を図る
3.病院経営への積極的な参画
  1)診療報酬算定要件を満たし急性期・回復リハビリテーション病棟を維持する
  2)効率的効果的な病床管理を行う
  3)入退院支援の体制強化と業務の効率化を図る