健康経営

【健康経営】


高の原中央病院では、職員が心身ともに健康で生産性高く働けることが、患者さま、ひいては地域社会の皆様への貢献につながると考えており、病院理念の基本方針にも「安全・安心な職場環境をめざします」と掲げ、以前より、職員の健康に配慮した職場環境づくりに取り組んできました。
今年度は新たに経済産業省の「健康経営優良法人認定制度」の「健康経営優良法人2019 ホワイト500」の取得を目指しております。理事長の健康宣言のもと、プロジェクトチームを起ち上げ、職員健康管理室に担当役員を配し、さらなる積極的な健康経営活動に取り組んでおります。


【活動内容】


・「職場まるごと健康チャレンジ」(協会けんぽ)への参加

・産業保健研修(奈良さんぽ)への参加

・健康に資する様々な研修の実施 ⇒ メンタルヘルス研修、がん研修等

・ストレッチタイムの設定

・定期健診の受診率:100%

・ストレスチェックの受検率:100%

・がん検診の推奨

・特定保健指導の受診推奨 ⇒ 受診勧奨等

・受動喫煙防止対策 ⇒ 敷地内の全面禁煙等

・感染予防の取り組み ⇒ 予防接種の推奨等

・労働時間の適正な把握 ⇒ ICカードによる勤務状況管理システム等

・コミュニケーション強化の取り組み ⇒ スマイル活動等


これからも職員が地域の医療に貢献し続けられるよう、生き生きと働ける職場環境づくりに取り組んでいきたいと思っております。

健康宣言書

健康宣言書
わが社は、社員が元気に働ける会社を目指して以下の取り組み実施し、健康経営に取り組むことを宣言します。
事業所名:医療法人 新生会 総合病院 高の原中央病院
事業主名:齊藤 正幸
1. 健康診断の実施
法令に従い、社員に対して定期健康診断を実施します。
2. 社員の生活習慣改善を支援
メタボに着目した協会けんぽの特定保健指導を利用するように努めます。
3. 検査・治療の推奨
再検査や治療の必要があった場合、医療機関を受診するように推奨します。
4. スモールチェンジ活動の推奨
「職場まるごと健康チャレンジ」メニューのうち、主に下記の取り組みを実施します。
・ストレッチタイムをつくる
・職場内で挨拶や声掛けを自ら進んで行う環境づくりをする。



健康宣言書