健康経営

【健康経営】


高の原中央病院では、職員が心身ともに健康で生産性高く働けることが、患者さま、ひいては地域社会の皆様への貢献につながると考えており、病院理念の基本方針にも「職員が健康でいきいきと働ける職場環境をめざします」と掲げ、以前より、職員の健康に配慮した職場環境づくりに取り組んできました。
今年度も経済産業省の「健康経営優良法人認定制度」の「健康経営優良法人2020 ホワイト500」の取得を目指しております。理事長の健康宣言のもと、プロジェクトチームと職員健康管理室にて、さらなる積極的な健康経営活動に取り組んでおります。


【活動内容】


・「職場まるごと健康チャレンジ」(協会けんぽ)への参加

・産業保健研修(奈良さんぽ)への参加

・健康に資する様々な研修の実施 ⇒ メンタルヘルス研修、がん研修等

・ストレッチタイムの設定

・定期健診の受診率:100%

・ストレスチェックの受検率:100%

・がん検診の推奨

・特定保健指導の受診推奨 ⇒ 受診勧奨等

・受動喫煙防止対策 ⇒ 敷地内の全面禁煙等

・感染予防の取り組み ⇒ 予防接種の推奨等

・労働時間の適正な把握 ⇒ ICカードによる勤務状況管理システム等

・コミュニケーション強化の取り組み ⇒ みんなの“輪”の活動等


これからも職員が地域の医療に貢献し続けられるよう、生き生きと働ける職場環境づくりに取り組んでいきたいと思っております。

健康宣言書

健康宣言書
わが社は、社員が元気に働ける会社を目指して以下の取り組み実施し、健康経営に取り組むことを宣言します。
事業所名:医療法人 新生会 総合病院 高の原中央病院
事業主名:齊藤 正幸
1. 健康診断の実施
法令に従い、社員に対して定期健康診断を実施します。
2. 社員の生活習慣改善を支援
メタボに着目した協会けんぽの特定保健指導を利用するように努めます。
3. 検査・治療の推奨
再検査や治療の必要があった場合、医療機関を受診するように推奨します。
4. スモールチェンジ活動の推奨
「職場まるごと健康チャレンジ」メニューのうち、主に下記の取り組みを実施します。
・ストレッチタイムをつくる
・職場内で挨拶や声掛けを自ら進んで行う環境づくりをする。



健康宣言書

健康経営の改善


健康経営の改善
健康経営の改善

PDFはこちら

奈良県「健康づくりの取組に対する知事表彰」

当院の健康づくりの取組が評価され、
奈良県より2019年度「健康づくりの取組に対する知事表彰」を頂くことができました。
健康経営の改善
「健康づくりの取組に対する知事表彰」とは、奈良県が健康づくり活動推進のため、下記に該当する事業所又はボランティア団体に対して授与しているものになります。
(1)過去3年以上継続して、疾病の予防、食生活の改善若しくは健康の維持増進のためのユニークな取組又はアイディア、創意工夫等に富んだ健康づくり活動を積極的に実施しており、かつ、今後も継続することが期待できるもの
(2)優れた事業実績を残し、県内の健康づくりの発展に貢献する等、健康づくりに関し顕著な功績のあったもの

健康経営の改善

2020年1月23日開催の
「めざせ健康長寿日本一 健康NARAの集い職場や地域をもっと元気に」
において表彰状を授与され、当院理事長齊藤正幸より、当院における健康づくりの取組についてスライドを用いてご紹介させていただきました。


協会けんぽ奈良支部「職場まるごと健康チャレンジ支部長表彰 金賞」

当院では、協会けんぽ奈良支部の健康経営サポート企画「職場まるごと健康チャレンジ」に参加しております。

健康経営の改善

「職場まるごと健康チャレンジ」は、職場の健康づくりのきっかけづくりを目的として、協会けんぽ奈良支部が企画している健康づくり事業になります。職場全体、従業員個人向けの健康づくりメニューからチャレンジ項目を選び、3ヶ月継続した取組を評価するものになります。

2018年度に銀賞、そして、今年2019年度には金賞を受賞することができました。



皆様により良い医療を提供するため、
「職員が健康でいきいきと働ける職場環境」を今後も目指してまいります。