栄養科だより

2018.11.06

平成30年10月号 『ハロウィンの献立』

10月31日は、ハロウィン。
ヨーロッパを発祥とする祭りで、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。
 現在では、本来の宗教的な意味合いはほとんど失われ、欧米やアメリカで、民間行事として定着。かぼちゃの中身をくりぬいて中にろうそくを立てた「ジャック・オー・ランタン」を作ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して、近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習があります。
 日本でも、ここ数年、秋のイベントとして、仮装やパーティを楽しむ人が増え、クリスマスを凌ぐ盛り上がりとなっています。

かぼちゃとベーコンのキッシュ
おばけのパンプキンスープ メレンゲのおばけがゆらゆら・・・。
黒コウモリのサラダ イカ墨で和えた真っ黒いサラダ♪
双子のハンバーグ 双子があやしい雰囲気?
かぼちゃクッキー

******************
おばけやこうもりの形に切ったチーズや、黒いパスタ、スープに浮かぶメレンゲなど、普段の食事ではなかなか見られない献立に、驚いた方が多かったようでしたが、残食が少なく、楽しく食べて頂けたと思います♪