脳神経外科

対象疾患

脳腫瘍 初期症状は頭痛、けいれん発作や局所神経症状等多彩です。頭痛を訴える人のうち脳腫瘍の方は極く少数ですが、見逃さないように腫瘍が疑わしければ画像診断を行ないます。いつでもCT、MRIの検査を行なえるようにしています。
脳血管障害 いわゆる脳卒中は初期治療が重要です。神経内科等と協力して早期の社会復帰をめざし、いずれ脳卒中センターとして機能させたいと考えていますが、現在は脳出血やくも膜下出血は初期治療や診断を行い、その後の経過によっては救命センター等、高度の治療ができる施設への紹介依頼を行ないます。
頭部外傷 急性期の症状の変化は経時的な観察が必要であり、症状により短期間の入院観察が必要です。また、特に高齢者では、軽微な外傷で2~3ヵ月後に認知症症状が進行することがあり、その原因である慢性硬膜下血腫を見逃さないためにも、疑わしければCT検査を行います。

脳神経外科医師

井上 美里(医長)
・日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
・日本脳卒中学会 脳卒中専門医
・日本脳神経外科コングレス
・日本リハビリテーション医学会
・日本高次脳機能障害学会


中多 靖彦(非常勤)
朴 永銖 (非常勤)

脳神経外科 外来診療医予定表ページへ