DPCデータを用いた病院情報の公表

病院情報公開の目的

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、患者さまに情報公開を進めております。
数値やデータを解説することにより、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的として公開しております。
また、当院におけるDPCデータの分析により質の向上と、患者さまへの説明力の充実を図っていきます。

定義

・平成27年度の病院指標について
平成27年度(2015年4月1日~2016年3月31日)に退院された患者さまのうち、一般病棟にて医科保険適用患者さまが対象となります。
・平成28年度の病院指標について
平成28年度(2016年4月1日~2017年3月31日)に退院された患者さまのうち、一般病棟にて医科保険適用患者さまが対象となります。

・平成27年度、平成28年度共通
自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さまは含みません。
入院後24時間以内に死亡した患者さま、または生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外となります。
表の内で、10人未満の場合は、「-(ハイフン)」と表記しております。
公表にあたっては、厚生労働省指定のテンプレートを使用いたしております。

情報公開項目は次の7項目です。

(1)年齢階級別退院患者数について
一般病棟の年齢階層別(10歳刻み)の患者数を示します。
退院患者さまの当院における年齢傾向を知ることが出来ます。

※DPCコードとは?
病気と治療方法の組み合わせによって分類されます。同じ病気でも治療方法が違えば異なるコードになります。

(2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)について
各診療科別に患者数の多い症例(DPC14桁分類)について、DPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、患者用パス(任意)、解説を示します。

(3)初発の5大がんの UICC 病期分類別ならびに再発患者数について
5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)について、患者さまの人数を、初発のUICC病気分類別に集計し示します。
また、再発を起こされた患者さまの数についても集計し示します。

※UICC病期分類とは?
国際対がん連合によって定められた、癌のステージ分類方法になります。癌の原発巣の大きさ、リンパ節転移の有無、遠隔転移の有無の臨床所見から決まり、各癌をステージⅠからステージⅣに分類するものになります。

(4)成人市中肺炎の重症度別患者数等について
成人市中肺炎の患者さまを重症度別に、患者さま数、平均在院日数、平均年齢を集計し示します。
重症度の分類については、下記のA-DROPスコア(日本呼吸器学会「成人市中肺炎診療ガイドライン」から)を用いています。

重症度分類(A-DROPスコア)

1 男性70 歳以上、女性75歳以上
2 尿素窒素 21mg/dL 以上または脱水あり
3 酸素飽和度 90%以下
4 意識障害あり
5 収縮期血圧90 mmHg以下
重症度0(軽度) 上記5つの項目のいずれも満たないもの
重症度1(中等症) 上記項目の1つを有するもの
重症度2(中等症) 上記項目の2つを有するもの
重症度3(重症) 上記項目の3つを有するもの
重症度4(超重症) 上記項目の4つを有するもの
重症度5(超重症) 上記項目の5つを有するもの
不明 上記項目が一つでも不明な場合は「不明」とする

(5)脳梗塞の ICD10 別患者数等について
脳梗塞の病型別の患者さま数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計し示します。
病型はICD-10コードにて分類されます。

※ICD-10コードとは?
世界保健機関(WHO)が作成した分類です。

(6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)について
診療科別に手術件数の多い順に3つの術式について、患者さま数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢について集計し示します。
手術の項目は、Kコードにて分類しています。

※Kコードとは?
診療報酬点数表で、手術に対して設定されているコードになります。

(7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)について
DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について、DPC病名が入院契機となった病名と同一なのかどうかに分けたうえで、患者さま数と発生率について集計し示します。

病院指標

「病院情報の公表」(平成28年度)
「病院情報の公表」(平成27年度)

DPCデータを用いた病院情報の公表